【ミラノ】地元の人が集う 穴場的おすすめレストラン【安い&美味しい&雰囲気良し】

こんにちは、いじわるこです。

2019年6月のミラノ滞在記、今回は地元の人で賑わうお手頃レストランが集まるエリア、サン・マルコ地区について紹介します。

数多くの飲食店が集うミラノ。

ここでの食べ歩きは本当に楽しいのですが、中には観光客狙いのガッカリなお店も存在し、当たり外れがあることも事実。

かくいう私も何度か残念なお店にあたってしまい、旅の後半で奇跡的に出会えたのがサン・マルコというエリア。

この界隈で3店舗のレストランに入りましたが(うち2店舗はリピート)、どのお店もきちんと美味しく、地元の人で賑わう大当たりのレストランばかりでした。

エリアの雰囲気も落ち着いていて(落書きだらけのミラノで、この界隈はほとんど落書きを見かけませんでした)、価格帯もドゥオーモ周辺やブレア地区に比べるとリーズナブルに感じました。

実際に訪問したお店の感想と、行きたかったけど連日満席で入店できなかったお店を紹介していきます。

TakeAway Bistrot アペリティーボタイムがおすすめのビストロ

素敵なアパートメントの1階に、素敵なビストロ発見。

お客さんがこれまた皆さんこじゃれた感じで、気後れしつつも入店してみました。

エントランス近くのテラス席に案内してもらいました。

外壁を覆う白い花からとってもいい香りがしました。

ジャスミンっぽい香りだなと思って帰国後調べたら、スタージャスミンという花でした。

メニューはイタリア語のみでした。ガイドブックには載ってない穴場的な感じでウレシイ(*‘∀‘)

店員さんのおすすめで「本日のリゾット」なるものをオーダー。

出てきたのはチーズリゾットでした。ミラノ風リゾットとはまた違った感じで、シンプルだけどすっごく美味しかったです。

トッピング用のチーズも削りたてなのか、風味がしっかりしてました。

デザートにフレッシュフルーツのケーキも頼んでみました。

コーヒーはデザートのあとにクイっと飲んで〆る、ってのがイタリア流のようですが、この日はデザートと一緒に持ってきてもらいました。

このケーキ、フルーツは甘さしっかりで生地は甘さ控えめ。このコンビネーションが絶妙で美味しすぎでした。紅茶の方が合うかも。

お見せの人に「美味しい!」と伝えると、お向かいの姉妹店のケーキだと教えてくれました。

この時は閉まってましたが、LA PASTICCERIAという小さな可愛らしいパティスリーでした。

ケーキもコーヒーもぺろりといただいて、お会計。クレジットカードの支払いは店内のレジでしかできないという事で中に入りました。

その時に知ったのですが、このお店では5時から9時までがハッピーアワーで、ドリンクを頼むとおつまみがフリーでいただけるようです。

思い返せば近くに座ってた多くのお客さんがお店に出たり入ったりしてました。

「ご自由にどうぞ」的なスタイルで店内に置かれていたおつまみ。ぜんぶ美味しそう~(*´Д`)

・・という事で、後日私も仕事終わりに軽く1杯と再訪してみました。

入店するときに「アペリティーボ」と伝えると、ドリンクのメニューを渡してくれました。

19時ごろにお邪魔しましたが、アペリティーボを楽しむお客さんで賑わってました。

カンパリスピリッツをオーダーしました。

店内におつまみを取りに行きたかったのですが、あとから来たお客さんで椅子が動かしづらい感じになってしまい、諦めることに。

すると気を利かせてくれたお店の人がチップス、オリーブ、フォカッチャなどのおつまみを見繕って持ってきてくれました。感激・・( ;∀;)

この日もジャスミンの香りがすごく良くて、心癒されるひと時でした。

このお店を発見したのがミラノ滞在の後半だったので、2度しか行けなかったのが残念。

またミラノに行く機会があれば、初日からガンガン通いたいです。

店舗情報

Via S. Marco, 33, 20121 Milano MI, イタリア

La Pasticceria(お向かいの姉妹店パティスリー)

Via S. Marco, 36, 20121 Milano MI, イタリア

El Tombon de San Marc オッソ・ブーコが絶品

夕暮れの一杯を楽しむお客さんで賑わうレストラン。

賑やかな様子に吸い寄せられ、入店してみました。

ロンバルディア州(ミラノもロンバルディア州にあります)の料理を提供するお店でした。

賑やかなテラスの様子に対して、店内はとても静か。

古くからあるお店なのか、古いインテリアが良い味を醸し出してます。

メニューには英語も併記されていました。

オブソッコ&ミラノ風リゾットに、ミックスベジタブルをオーダーしました。

窓にかかるカフェカーテンの佇まいもレトロでいい感じ。

日本のお店で例えるなら「昔から愛される丁寧な仕事をする定食屋さん」といった雰囲気です。

待つこと約15分。料理が運ばれてきました。

オッソブーコ(仔牛のすね肉の煮込み)と付け合わせのミラノ風リゾット。これが絶品でした。

すね肉はホロホロで味付けが濃すぎず薄すぎず、ミラノ風リゾットもサフランたっぷりで大変美味しゅうございました。

この1皿で€22。観光地に比べると安くてボリュームもある気がします。

付け合わせに頼んだグリルの具材はナス、ズッキーニ、アーティチョークでした。ここに自分好みで塩コショウをして、オリーブオイルをトロリとかけていただきます。

これで€5、安いっ!!

お腹が満たされたところで、改めてインテリアを見回してみました。

レトロなインテリア。昔から大切に手入れされてきたお店であることがよーくわかります。

家具も内装も古いので好みが別れるかもしれませんが、私は好きでした。

静かに美味しいものを、ひっそり味わいたい人におすすめです。

店舗情報

El Tombon de San Marc

Via S. Marco, 20, 20121 Milano MI, イタリア

Carlsberg Øl 緑に囲まれたテラスが気持ち良い

雰囲気の良い住宅街をテクテク歩いてると、その奥に何やら賑やかなテラスを発見。

この赤丸のあたりです。

この日の夕食はこのお店に決定です。

19時半ごろに入店しましたが、20時過ぎにはすっかり満席になっていました。

メニューの一部。

全般的にお手頃な印象です。

生肉大好きなので、カルパッチョを頼んでみました。

ちょ、ちょ、カルパッチョっていうか、普通の生肉が出てきた・・!

ちょっと思ってた感じと違ったんですが、食べてみるとコレはコレで美味しいっ!!

自分でギュギュっとレモンを絞ってオリーブオイル、塩コショウで味付けしていただきます。

アッサリしてて食べやすかったです。

お次はメインです。

お客さんのほとんどがピザを頼んでました。私もピザをオーダー。

ラージサイズでも10ドル切る価格設定。やっぱり安い・・・!

色々あって迷ってしまったので、店員さんのおすすめをお願いしました。

店員さんおすすははParadiso(パラディゾ)というピザ。「天国」って意味だそうです。

一口食べたら・・ホンマに天国でした(*´Д`)

このピザは英語メニューに載ってなかったので、教えてくれた店員さんに感謝です。

生ハムの下に見えるクリームのようなものは、モッツァレラチーズよりもコクがありフワフワの食感で、最初は生クリームなのかと思いました。

店員さんに聞いてみると、ブッラータという種類のチーズでした。

あまりにも美味しかったのでチーズ専門店でもブッラータを買ってみましたが、このお店で食べたブッラータの方がコクがあり美味しかったです。

このお店、とても気に入ったので後日再訪してみました。

この日メインに頼んだのは海老とレモンのリゾット。

クリーム系なんですが、レモンの酸味とエビのぷりぷり感がアッサリしていて、めちゃくちゃ美味しかったです。

この味が恋しくて、帰国後真似して作ってみましたが、全く再現できませんでした( ;∀;)

このお店のテラスはとても広く開放感があります。再訪した日も多くのお客さんで賑わってました。

店内もかなり広めで、こちらもほぼ満席でした。

店舗情報

Carlsberg Øl

Bastioni di Porta Nuova, 9, 20121 Milano MI, イタリア

デンマークのカールスバーグ資本のお店のようですが、チェーン店っぽい雑っぽさがなくお食事も美味しかったです。

【番外編】La Latteria 入店困難な超人気店

シーフード料理の人に人気と聞いたこのレストラン。

4日尋ねましたが4日とも満席で、最後まで入店できませんでした( ;∀;)

ネットでの口コミも上々だったので、次回ミラノに行く機会があれば是非リベンジしたいです。

店舗情報

La Latteria

Via S. Marco, 24, 20121 Milano MI, イタリア

ミラノ滞在記、続く(*‘∀‘)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする